【悪評多数?】シミウスがシミ対策に効果無いって本当?

【悪評多数?】シミウスがシミ対策に効果無いって本当?

シミウスは、しわを解消してくれるオールインワン化粧品として有名です。。

芸能人愛用者も多く人気の商品です。

 

そんなシミウスなんですが、「シミに効果が無い」!といった悪い口コミを見つけてしまったんです。

 

もし、それが本当なら購入を諦めてしまうかも方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

そこでこのページでは、シミウスは本当に「シミに効果が無い」のかについて調べました。

 

シミウスはシミに効果ないの?

シミウスは、シリーズ累計販売実績1000万個を突破。

 

リピート率は93.9%にもなる人気のオールインワンジェルです。

 

でも、調べていくとシミウスではかなわないシミがありました。

 

シミウスで改善できないシミは?

お肌に出来てしまうシミにはいくつか種類があります。

 

それは、
老人性色素班(ろうじんせいしきそはん)
肝斑(かんぱん)
雀卵斑(じゃくらんはん)と初めて耳にするような言葉ですね。

 

では、1つずつ詳しくご紹介します。

老人性色素班(ろうじんせいしきそはん)

老人性色素班の原因は、紫外線によってメラニンが過剰に作られたり、肌の生まれ変わりであるターンオーバーの遅れによるメラニンの蓄積だといわれています。

 

大きさは様々ですが円状の形をしているのは共通しています。

 

またシミとお肌の境目は、はっきりとしていて頭や顔に出来ることもあるんです。

 

シミが薄い場合はシミウスでも効果が期待できますが、濃くなってしまったシミをどうしても取り除いたい場合はレーザー市町などがレーザー治療が効果的です。

 

肝斑(かんぱん)

肝斑とは、皮膚にできるシミの1つでシミの形が肝臓に似ているからこう呼ばれています。

 

妊娠や更年期のホルモンバランスの乱れが原因といわれていて主に30代〜40代の女性に症状があります。

 

雀卵斑(じゃくらんはん)

 

雀卵斑とは皮膚に出来る色素班です。

 

簡単にいうと「そばかす」と呼ばれるシミのことです。

 

手や背中、肩に出ることもありますが主には、目の下あたりに散らばって見られます。

 

原因は遺伝の可能性が高いのでシミウスでは効果は薄いのは仕方ないでしょう。

 

もし、そばかすをなくしたいのであればレーザー治療が必要です。

 

こうやってみるとシミウスでは効果がないと思われますが実はシミウスで効果が期待出来る使い方があります。

 

それは、シミウスを継続的に使い続けることです。

 

シミウスを使い使い続ける事で期待出来る。

シミウスに限らず美肌ケアや美白には長い時間がかかるものです。

 

お肌の古い角質がはがれ落ちるターンオーバーの期間は約28日周期だと言われています。

 

年齢を重ねるにつれてその周期は長くなります。

 

少なくとも2〜3回のターンオーバーの期間を経験しなければシミウスの効果を感じることは出来ないです。

 

シミを気にならない美肌には焦らずじっくりケアすることが大切です。

 

・シミウスに関するその他の記事

 

シミウスの口コミ悪評で分かったデメリットを大暴露!

 

シミウスに騙された?お金取られた?最悪?そんな悪評を徹底調査!

 

 

page top